unnamed

本日、サンバイオは大日本住友製薬との提携解消及び、TBIの国内申請延期を発表した。どう読み解けばいいのだろうか。

■ポジティブな事実

・TBIフェーズ2の成果

・9月19日決算説明会でのチーフ・メディカル・オフィサーのビジャン・ネジャドニク(開発、規制担当)の、「脳梗塞についても自信を持って進められる。」「追加の試験を持って進めていく。それからフェーズ3にいずれ入る。」の発言。

・10月18日発行のブリッジレポート内での森社長「まずは、日本における外傷性脳損傷の今期 2020 年1月期中の承認申請、来期2021年1月期中の販売開始という計画の進捗に期待していただきたい。加えて、外傷性脳損傷のグローバルフェーズ3の開始と完了、米国における慢性期脳梗塞の今後の開発計画公表、適応疾患拡大のための途中結果、開発や事業化に関するアライアンスの公表など注目材料は多い。来年 2020 年に製薬企業へ脱皮した後、2025 年にはグローバルリーダーへと成長することを目標とする当社をこれからも応援していただきたい。」という発言。(この1文目がたった2ヶ月後に白紙にされたのがいただけない。)

・日本の「さきがけ審査指定制度指定」

・米国の「RAMT指定」

・欧州の「ATMP指定」

・スズケンとのRーSATシステム


■ネガティブな事実

・大日本との提携解消

・TBI申請延期

・欧州プライム指定がなかなか来ない。


上記は確とした事実。この2極事実を天秤にかけると、それでもやっぱりポジティブにしか取れないのは自分の思考が偏っているからだろうか?


・経営が揺らいでいる大日本側の他パイプラインとのからみや、自販にこだわりたいサンバイオ側の思惑が合致し、解消に至った(サンバイオの戦略通り。)。
・TBI申請延期は、「商業用製品生産準備に十分に時間をかけ市販後の安定供給責任を果たすため」の額面通り(だとしても、5月の国際募集70億に疑問符がつくが。「製造委託企業の複線化」は?ただ、需要を見越して、何万、何十万、何百万の細胞医薬品を作るのは、いくら他家移植と言えど、製造に時間がかかるのは想像がつく。)。
など、ポジティブ路線が消えたわけでもない。

何れにせよ、今日の発表だけではイマイチよくわからない。2018年2月の帝人との提携解消時、掲示板で盛んに議論され、あの時はよくわからなかったが、結局良い方に転んだことを思い出す。今回もそうである可能性も十分にある。アキュセラと比べられがちだが、上記「ポジテイブな事実」がある点で、アキュセラのような心配は全くの論点ズレ。


2020製薬企業への脱皮を掲げているサンバイオ 。2020年6月末までに申請すれば、間に合わないこともない。そういう意味では想定内か。そもそも2020年1月末までの申請を「目指す。」わけであったし。大日本をはるかに超えるメガファーマとの北米市場大型契約を結べば、TBIもstrokeもセットにした展開ができるし。期待は消えないし、冷静に見れば、すべて想定内の出来事で大したことでもないような気もしてくる。それでも、以下のことを要望したい。



■サンバイオに要求したいこと

・一刻も早い、脳梗塞のデータ開示を。(12月22日の組み入れ完了2年データを待っているのなら待っているで、その旨の発言を。)大日本も降りたので、どこに遠慮することなく出したらいい。

・本日の2大発表について、きちんとした説明を。1月のサンバイオショックを踏まえて、「市場とコミュニケーションを密に取りたい。」と確か言っていたので。市場の混乱は、社としても望んでいないはず。

上記、節に要望します。応援している多数の人間がいることを忘れないでください。 

スポンサードリンク