unn3amed


今日の15:30から機関投資家向け説明会。なのに、一昨日も、昨日も、IRはなし。機関投資家向け説明会で新たな情報を出したらインサイダーになるわけだから、特段の踏み込んだ開示は今回なしか?残念。まあフェーズ3の方法論でもわかることは前進に変わりはないし、日本での承認申請の進捗具合や、日本国内での販売売上予想ぐらいは来るだろうから楽しみ!でも!残るは今日中の場中IRか、大引け後IR!どうかなー・・・と思っていたら!!!!!15:00に超絶大喜びのIR!米国RMAT指定!!!腰が抜けるほど嬉しかった(;_;)


TBIグローバル治験のフェーズ3にかかる増資懸念があったが、欧州ATMP指定&日本先駆け指定制度と合わせて、日欧米、ひょっとしての迅速承認。フェーズ3すっ飛ばしと言っていいぐらいのスピード上市か?という雰囲気が漂っている。だとするなら、増資懸念は失笑レベル。財務が不足するどころか、黒字になり過ぎて株価の桁が飛ぶレベルの話。4月の海外募集の70億円増資は、「量産化能力の向上および、安定供給体制の確保のための製造委託企業の複線化」だけれど、その意図が今となってはよく見える。良増資さすが。「デキる」企業だなーとしみじみ思う。


アンメットメディカルニーズの新薬(再生細胞薬)が、世界中で一斉(多少のタイムラグはあると思うが)上市。こんな実例自体世界初の偉業だろうから、まさに医療界、人類のパラダイムシフト。令和時代を象徴する日本の産業、株式市場の歴史に名を刻む事象になりえる事態になってきた。(ノーベル賞に関しては、医学的見地からは自分はわからないが、人類に果たした功績という面で見れば、岡野教授の受賞もありえない話でもないのかな?個人的には、サンバイオ社に授与してもらいたいが・・・笑)


というか、厚生労働省大丈夫か?(批判ではなくて。)画期的新薬をいち早く上市にもっていく再生医療推進法の整備までしたのに、なんか欧州や米国の方が上市が先でしたってことにもなりかねない雰囲気。。。ぜひ、森社長の思いと同様、日本でのローンチを世界初でなし得てほしい。がんばれサンバイオ !とずっと言ってきたけど、がんばれ!厚生労働省!!


PTSは一時ストップ高で4240円まで行ったが、22時現在そこよりは少し下げている状況。RMAT指定の意味を市場が把握しきれていないのかな?と思う。個人的には、思惑含めてストップ高3連ぐらいしてもいいのでは?と思う。1月の大暴落時も心の中で思っていたけれど、自分はサンバイオを長期保有している分、IR1つや社長の振る舞いがどう言った意味を持つのか、短期さんに比べて格段にわかると思っている。1月の大暴落時も、株価に対する不安は正直芽生えたけれど、会社のやっていることやSB623のもつ潜在的な力などには変わらぬ確信が持てていた。「長期保有する」っていうことはそれだけで強みであり、よく言われる「個人投資家にとって最大の強みは’時間’」ということもわかる。自分の期待通り、これから株価10万円を超え、サンバイオが日本発のGAFAだと言われていくのだとしたら、個人投資家としてものすごくいい経験をさせてもらった(させてもらっている)と思う。


感動していて、やや感傷的になってしまったが、変わらず、いや今まで以上にサンバイオを応援したい。(最近思うけど、サンバイオグッズが欲しい。笑 Tシャツとかステッカーとか。笑 社長さん、HP上ででも販売しませんか?)


慢性期脳梗塞の未達事件は、些細な統計学上のいたずら的事象であるとずっと思っている。そのことが明らかになる日も近く、そのまま日本は承認申請。流石に海外はフェーズ3か?と漠然と思っている。TBIで一気に会社をGAFAクラスにして、そのまま適応範囲の拡大を!サンバイオのビクトリーロードは確実に出来上がっていっている。


がんばれ!サンバイオ!!サンバイオの「かっこよさ」に心底エールを送ります。


※説明会の動画UPは明日かな?待っていたけど、明日も仕事早いので一度PC離れます。国内申請手続きも山場で社員さん一同も大変お疲れのことだと察します。お疲れ様です。頑張ってください!

スポンサードリンク