google-site-verification=oHqgFSgGyn4FUZS6pebNFD8fPPTXPELl8moCSGK_Wkw

ぼーちゃんのブログ〜がんばれ!サンバイオ!〜

世界初の再生細胞薬を開発するサンバイオを追うブログです。

IMG_3400
直近のサンバイオが、一部の投資家に失望と落胆を与えたのは、次の2点だったと思う。


①2018年初頭 突然の増資発表

2018年3月13日決算説明会にて、「十分な現金を確保」「既存の開発資金は十分に確保されている」 のアナウンス。

↓にも関わらず

2018年3月20日突然のMSワラント発表。

十分な現金を確保」「既存の開発資金は十分に確保されている」のアナウンスを得て、増資を恐れていた投資家は安心を覚えたはず。にも関わらず、たった1週間後に8%の希薄化を招く増資の発表。怒りを覚えた投資家も多いはず。

しかし、

確かに約50億円の現金を確保し、これが「十分」か「不十分」かは、各個人の価値観の問題だし、「開発資金」としてではなく、
市販後の製造・物流・販売体制構築など「事業化」を見据えての増資だったので、特段の不誠実さは感じない。と自分は思う。



②前日に「
順調に進捗」と言いながらの翌日の治験失敗IR

2019年1月28日の連結業績予想の修正IRにおいて、「米国における慢性期脳梗塞フェーズ2b臨床試 験及び日米で実施している外傷性脳損傷フェーズ2臨床試験が順調に進捗したことから、研究開発及び製造に関わる費用が計画値を上回った」ことからの期ズレを発表。

↓にも関わらず

2019年1月29日突然の慢性期脳梗塞P2b治験失敗IR

慢性期脳梗塞の治験成功IRが、今週か来週にでも出るぞ出るぞ!いよいよ出るぞ!の憶測を迎えていたこの頃、業績予想修正IRの中で、「順調に進捗」の5文字。これで、成功を(勝手に)確信した投資家も多いことだと想像できる。

しかし、

順調に進捗したのは、「治験が」でのことであって、キーオープンまで順調に進捗したことは確固とした事実。このIRをもって、勝手に成功を確信した人は、5文字を勝手に拡大解釈して、「治験が」ではなく、「成否が」順調に進捗したと勘違いしたに過ぎないと思う。よって、このIRからも
特段の不誠実さは感じない。と思う。

                                         

結論

サンバイオのIRの出し方に、特段の違和感や、不誠実さは読み取れない。

しかし、

誤解を招かないようなIRの出し方については強く要望したいと思う。
慢性期脳梗塞P2b治験失敗IRにおいても、「未達」を強烈に印象付ける出し方ではなくて、この辺りは作文の仕様でいかようにもなったと思う。

同時に、我々個人投資家も、バイアスがかからないように、投資先の会社を見る努力をしなければならない。

                                        


サンバイオを、意図的戦略で事業を進めることができる「デキる」会社だと確信を深めたのは、2018年3月の日立化成との業務提携と、2018年9月の5社との資本業務提携。どちらも、SB623治験のキーオープン前の出来事。治験の結果がわかる前から、先を見通して先手が打てるのは、「デキる」と思う。今にして思うのは、この辺りの絵の描き方が上手いのは川西会長ではないかということ。(提携したケアネット株式会社は、川西会長が創業)

投資家の中で森社長LOVE度が異様に高いのが気になる。熱狂的信者かのように、「森社長は誠実」「人柄が最高」「寝ぐせが気にならない人柄が信頼できる。」と言った意見をよく見かける。自分もサンバイオを応援する一人として、特段の嫌悪感は森社長に対して無いし、むしろ応援したい方ではあるが、なんでもかんでも森社長が行うこと、発言することに対して、イエスマンである気はサラサラ無い。

森社長と同じくらい、川西会長へのウォッチングも高めていくことが、より良い投資判断につながると思う。(川西会長はあまり表に出てこないが、この辺りも、厳しくサンバイオに要求していきたいと思う。)川西会長についても要分析だと思っている。


いずれにせよ、がんばれサンバイオ!マジで応援しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_3406
サンバイオ、慢性期脳梗塞の北米第2相での主要評価項目未達の結果を受けて、第2相やり直しなのか、そのまま第3相突入なのか、今の所は分からないが、いずれにせよ治験の募集開始から結果判明まで、どのくらいの時間軸でみたらいいのか過去のIRを根拠に考えてみる。(違っている箇所があったらごめんなさい。)


TBIの場合

2015年10月5日 北米TBI募集開始
2016年7月11日 北米TBI組み入れスタート
2016年10月26日 日本TBI組み入れ開始
2018年3月13日 日米TBI組み入れ完了
2018年11月1日 TBI第二相成功IR

こう見ると、日米2国間に渡るが、最初の治験募集開始からおよそ3年強で結果判明



慢性期脳梗塞の場合

2015年12月21日 北米慢性期脳梗塞募集開始
2016年3月8日 北米慢性期脳梗塞組み入れスタート
2017年12月22日 北米慢性期脳梗塞組み入れ完了
2019年1月29日 北米慢性期脳梗塞第二相失敗IR

こう見ると、北米単独での治験募集開始からおよそ3年強で結果判明。
 



結論 

SB623慢性期脳梗塞の次回治験結果は、「3年後」(治験デザインの練り直しなどがあるから実際はもう少し先?安全性は既に確認されているから、経過観察を6ヶ月とした場合、もう少し前?) ぐらいが一つの目安となる。
3年間の資金拘束を良しとするか無しとするかは各個人の都合だろうが、自分としては3年ぐらいなら待とうという気になる。その間に TBIで余裕で黒字になっているだろうし、 加齢黄斑変性やパーキンソン病の進捗があれば面白い3年間になる。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_3401
2018.11.1は劇的ドラマチックな日だったが、
2019.1.29も劇的ドラマチックな日だった。

あの日以来、総悲観が掲示板等に漂っている。数日経って、やっと冷静さを取り戻してきた感もする。自分は現物全力で、幸い低い株価からのホールドだったので、損はしないところですみそうだ。「リスク管理」の大切さを痛感する。

世間のSB623を見る目が一気にネガティブな方向に走ってしまっているが、果たしてそうだろうか?

・実は治験の結果がFMMS9.9ポイント改善だった。
・実は治験デザインを変えたら10ポイント改善が理論的に見える。

といった想定も十分可能だし、

・TBIの実績がすでにある。
・サンバイオを取り巻く世界的権威の面々。

こういったことを考えても、たった1回の第二相失敗ぐらいで総悲観になるべきなような会社ではないと思う。古参で、何年もホールドを続けてきた方はよく分かっていると思う。(textream上には降って湧いたような、この会社のことを何も知らない方々の汚い文言が並び辟易とする。)


今我々個人投資家に大切なのは、TBIオンリーで株価いくらぐらいかが妥当なのかの議論と、劇的V字回復ができるかどうかの議論だと思う。

・今のとろこ、TBIオンリーで軽く株価5000円台維持は楽勝。(忙しく計算まではやっていないですが。。。もっと上かな?)
・第2層やり直しかそのまま第3相突入かは分からないけど、数年スパンで見れば劇的V字回復が可能。(これがどれくらいの年数を費やすかも具体的に出してみたい。)

だと思う。よって、株価がいくらになろうが、現物長期ホールドで行こうと思う。


こういう困難を乗り越えた方が、より強くなれる。一時は莫大な含み益が飛び、人生設計(アーリーリタイアの見込み)が狂い、落ち込んだけれど、これを天与の試練と受け止め、サンバイオと共にこれからも歩んでみたいという思いが今湧いている。

人間万事塞翁が馬。

この2相失敗が、患者様・森社長さんを始めとした社員の方々・そして我々投資家にとって、転じて福となりますように。世の中、意外と、そういうものだと思う。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_3390
バイオベンチャーへの投資で「治験ギャンブル」と言われるものがある。新薬の治験が成功するか否か。それはバイオベンチャーへの投資額が0になるか、100倍になるか、というぐらいの違いがある。 製薬業界では、治験が成功する可能性はそもそもかなりの低さらしい。その治験結果発表をまたいで株を保有すること。これを、「ギャンブル」と言われるのは、頭では理解できる。

自分は、サンバイオの外傷性脳損傷の治験結果発表1年ぐらい前から、本格的にサンバイオへの一本集中投資に入った。これは「治験ギャンブル 」とみられる投資手法かもしれない。しかし、自分にはギャンブル感は全くなかった。

1年後に結果が出る。言い換えれば、1年間しっかりと治験いついての考察ができる期間があるということだ。だから1年間、じっくりと考察を続けてきた。危うさを感じれば売却すればいい。これのどこが「ギャンブル」なのか。投資なのだからリスクを追うことは当然なこと。リスクを負うことと、ギャンブルをするということは、全くの別物。1年間の研究の結果、「怪しい」「危ない」「成功しそうにない」という事象には巡り合わず、逆に、研究を続ければ続けるほど、治験成功への「確信」が持てていった。

2018年9月末。キーオープンを迎えて、最終局面。有益な情報を得られる掲示板(textream)上でよくみられた意見が、「その治験者の少数さから、有意差が出ないかもしれない」との見方だった。しかし、同時に、世界中にいる被治験者のブログや、テレビ放映された患者さんの姿・様子などから、有効に効いている事例がいくつか見えており、「有効性の推定」で早期承認に持っていくとの見方もあった。つまり、仮に統計学的有意差はでなくとも、「有効性の推定」と「安全性の確認」が見えている以上、早期承認制度を使って上市に持っていくという考え方があり、万が一治験が好ましい結果を得られなくとも、この考え方で進めていく=株価の大幅下落は考えられない。という結論に落ち着いた。

そして、伝説の2018.11.1
「統計学的に有意な運動機能の改善を認め、主要評価項目を達成しました。」 
のIR

自分の本格的一本集中投資は見事に花開いた。

本命の慢性期脳梗塞の治験結果発表は今からおそらく数週間以内。11.1以降も研究をしてきて、相変わらず治験「失敗」の2文字は全く浮上してこない。今まで国内のバイオベンチャーを対比してサンバイオを見てきたが、これからは、世界の製薬企業ギリアドやアムジェンを対比に置かないと、サンバイオという会社を理解することはできないというスケールの大きさを日々実感している。 つまり、時価総額は1兆とかそういうレベルではなく、10兆とか。慢性期脳梗塞の治験成功を踏まえて、サンバイオがどのように変貌を遂げていくのか。その進捗をこれからも見ていけることが非常に楽しみでならない。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_3404
バイオベンチャーであるサンバイオに投資して、社会貢献の一翼を担えたとして密かに嬉しいのが、2018年3月の突然のMSワラントをまたげたことだ。

当時は、決算発表で森社長が「資金面では問題ない」と明言された直後の増資発表だったので、大いに引っかかったけど(「開発資金」は確かに足りていて販路拡大や、流通面での増資とのことなので一応納得はしたが・・・今だに少しあの発言には引っかかっている。) その後に、日立化成との業務提携や、5社との資本提携を発表したので、私腹を肥やすMSワラントではなくて、戦略的MSワラントであったことは今になって十二分に納得できるし会社として有言実行であったことをすごく評価している。

悪名名高いMSワラントを突如実行して、不安を抱いた投資家は多数に上るはず。
yukiyukiさんのこの記事は大変勉強になる。→ https://yukiyuki13.net/2017/11/27/msso/
自分も、当初は大きな困惑を覚えた。

その後、この増資が原因とは断言出来ないがある程度下げる場面も確かにあったが、無事に伝説の2018.11.1(TBI治験有意差あり)を迎え、この頃の株価や不安は過去の遺物となった。

投資を通して社会に貢献したいと思っている自分にとって、この増資をまたげたことには大きな意味がある。約5000万株しか発行していないこのサンバイオという会社の、しかも会長・社長が多数の株を持っていて、ただでさえ浮動株が少ないと言われているこの会社の株を一定数持っていて、増資発表後も1株も売らずにホールドし続けたことは、増資への懸念からくる株価の下落を下支えして、エクイティファイナンスを予定金額を下回るとはいえ成功させたことに貢献できたと思うからだ。この増資成功をまたぐ投資は、画期的新薬の誕生に一定の貢献をしていることとも言えると思う。発行済株式数を自分の持ち株数で割って「◯パーセント、人類を救う画期的新薬の開発に資金面で貢献できた。」 というのは、下衆い考えかもしれないけれど、自分のような弱小個人投資家には意外と大きな喜びがある。

投資で社会貢献をしようと思えば、

・増資をまたいでホールドを続け、株価下落を食い止める。
・中長期ホールドをして、その企業価値を高める。

このようなことだろうか。

今はとにかくサンバイオに集中一本投資。
「脳は再生しない」という旧来の常識を打ち破る画期的新薬の誕生までもう少し。
 サンバイオが世界随一のメガファーマになるまで応援し続けたい。
そして、その報酬として自分は今の仕事をアーリーリタイアする。

世間よし
会社よし
投資家よし

三方よしのサンバイオ。
来月だろう慢性期脳梗塞のフェーズ2治験結果が本当に楽しみ。
世界に衝撃を与えるだろう。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ